2013/10/17

テーロスから復帰

テーロスからMTGへ復帰。
 
こんばちは、ゼロっぽい人です。
 
とりあえず、スタンで電波デッキをさくさくと。
 
 

 
 
とりあえず、安めに済みそうな緑単信心ビート。
安くてつよーいしようとしたら、
カロニアの大牙獣が仕事しないせいで安定しない。
森の女人像としてプレイしてみたら強かったという・・・。
世の中結局金だね!
まぁ早いと5Tくらいでアクロスの巨像とか森林の始原体、巨大オサムシが着地して相手は死ぬ。
爆発力があって面白い。
 
次に作成中なのは白黒 大釜の協定。
14 生物
4 アクロスの木馬
4 ただれたイモリ
3 泥沼煎じの魔女
3 罪の収集者

22 スペル
4 天使の協定
4 泡立つ大釜
2 闇の予言
4 破滅の刃
4 ファリカの療法
4 肉貪り

24 土地
11 沼
4 占術白黒
4 オルゾフ門
5 平地


どう考えても英雄の破滅4枚積んだ方が効率良いけど、高い高い。
正直オルゾフ門は疑問。ぶっちゃけそこまで白濃くないし・・・。
基本は大釜と天使の協定で天使出そうって感じだけど、
守りに除去とアクロスの木馬を仕込む。
木馬の兵士でチャンプしながらパーツ待ち。
環境には波使いの青単信心とか流行ってるらしいし木馬の代わりに不安定な装置の方が・・・?
 
というか、青単信心とかカウンター入ってないし、キーパーツは分かってるから
速攻メタられて次の大会じゃ行きを潜めそうなもんだけど。
そもそも論で、ラヴニカ-イニストラードのスタン環境が基本的に遅かったのかしら。
元が早い環境だったら青単信心も特に対策なしでも切り替えせたような・・・気がする・・・。
 
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント