2010/08/09

2010/08/08 Gv

もう雪降っててもいいや。
こっちの方が個人的に使いやすいし。
 
B3取得。
特に目立った戦闘はないですが。
 
 

 
 
いつもデカい態度を改め、謙虚に指示しながらスタート。
序盤は1PTに余裕で収まる程度の人数しか居ないため適当に攻め。
V5をネコスタがプチ防衛していたようなのでER凸、あっさり裏でEMC。
ほぼ同じ時間にガッデムもEMCしたようでエンペ付近で鉢合わせし、お互いSpPで壊滅。
戻って再度EMCしガッデムを排除→割り。
V3防衛ファンタなのに、Frと神話がいつも通り平地線をしていたためERに凸。
バキュームで足止めされるもクロークに成功し裏EMC。
ここは割りか排除かの指示を出し忘れていたため動きがばらばらになって乙。
完璧にエンペ前ですれば割れたかなぁ・・・ってレベル。
 
折り返して後半。
Cに転戦した時点ではどこもレース状態でイマイチ。
C1をロサギガが適当防衛してるという報告をもらい、それなら・・・と攻め落とす。
時間的には残り20分ということもあり、出来る限り防衛と指示し派兵に備えた転戦先を探す。
B3にて蔦飛魚踊が足止めをしてるのを発見→ER裏に潜り込む。
ここでL2がEW少数防衛という報告、TSの派兵報告、LポタがL2前ということもあり即転戦。
が、実はL1だったらしく、そのままL1はきついかなーということでそのままB3でEMCし制圧。
ガッデムやファンタジアが来るもEMCで体制を立て直しそのまま確保。
 
 
やっぱり、前線の情報が来るのは色々把握しやすい。
今回は運良くB3に潜んでたから良かったものの、いつも通り走りまわってたら多分宿なしだった。
謙虚な態度は非常に不評でした。申し訳ない。
今はまだSpPでゴリ押し防衛ができるものの、それができなくなった時を考えると難しい。
課題は山積みだぁ。
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント